ハワイ挙式 レイ 手作り

レイセレモニーって聞いたことありますか?
ハワイではお互いの幸せを願うために大切な人にレイを贈り合う風習があります。
結婚式でも、新郎新婦から両親にレイを贈り、
感謝の気持ちを伝えるというセレモニーがよく行われています。

せっかくハワイ挙式をするなら、ハワイらしさ満点の挙式にしたいですよね!
そう考え、レイセレモニーを検討する新郎新婦の方も多いです。
しかし、レイは生花で作られるものがほとんどで、
プロデュース会社で申し込むと1本あたり5,000~10,000円しますΣ( ̄□ ̄;)
人生に一度だから!と金銭感覚が崩壊しがちな結婚式準備ですが、
両親だけに渡すとしてもかなり高額。。。

そんなわけで、レイセレモニーはしたいけど、金額がネックで悩んでいる方必見!
レイを自分で手作りしてみるのはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

ハワイ挙式のレイは手作りで!感動と節約をゲット♪

レイセレモニーで使う生花のレイは高額だし、
しかも生花だから日本に持ち帰れない。。。
と悩んでいた私が知ったのは、リボンで作るリボンレイと呼ばれるものでした。
昔からハワイでは生花でレイを作るのが当たり前でしたが、
1990年代半ばに環境保護の一環で、
生花を摘み取らずにリボンで作れるレイが考え出されたそうです。
もちろんリボンで作られていても、そこに込められた思いは生花のレイと同じなので、
結婚式の場で使用しても何も問題はありません。
しかも、デザインも様々で、リボンで作られているのに本物のお花のように見えてとてもかわいい♡
そう思ってリボンレイを作製することにしました。

材料は2色のサテンリボンと縫い合わせるための糸のみで、
材料費もそれほどかかりません。
生花のレイを検討していた時は渡せても両親だけだと思っていましたが、
せっかくハワイに来てくれるゲスト皆にもお渡ししたいと思い、
ゲスト14名分作ることにo(・ω・´o)
でも、14名分作ったとしても、なんと材料費は7,000円ほど!!
1万円もいかないなんて、ものすごい節約になります♪

そして、挙式当日、用意したレイをゲストに渡しました。
最初は会場のサービスかな?と思っていた方もいたそうですが、
私が1本1本作ったことをお伝えすると、皆さん感動して喜んでくれました。
両親は、手先が不器用な私がこんなの作れるなんて!と驚いていましたしw
挙式からパーティーまで全員にレイを着けてもらいましたが、
ハワイの雰囲気によく合って、とても華やかな式になりました。
あるのとないのとではやっぱり違う!

しかし、リボンレイを検討する方に一つだけ注意していただきたいのは、
プロデュース会社によっては持ち込み料が掛かってしまうということです。
会社で販売している商品の類似品に対しては、
同額くらいの持ち込み料を請求する会社がほとんどなので、
レイセレモニーを提供している会社だと節約にはならないかもしれません。
検討している方は早めにプランナーさんに確認してみてくださいね。

スポンサーリンク

 

ハワイアンリボンレイの作り方はこちら^^

ハワイアンリボンレイ 作り方

私がリボンレイを作るときに参考にしたのはこちらのブログです。

>>wedding * リボンレイの作り方

とても分かりやすく作り方を紹介してくださっているので、
これから作る方は参考にしてみてください^^

こちらのブログで紹介されているのは1色のプルメリアリボンレイですが、
私は2色のリボンを使って作ったので、材料や作り方を簡単に紹介します。
リボン幅や作り方が若干違うので、出来上がりのサイズ感は上の写真を参考にしてくださいね。

□材料(1本分)
・両面有光サテンリボン 幅:16mm 長さ:10m
・片面有光サテンリボン 幅:10mm 長さ:10m
(上に重ねるので片面有光のもので大丈夫です)
・手芸用テグス 長さ:2m(ワックス加工がしてあるものがやりやすいです)

 

□作り方
①片面有光サテンリボン(幅が短い方)の光沢がある方を上にして、
端から40cmくらいのところから1cm感覚で小さく印をつけていきます。

②両面有光サテンリボンの上に両端を合わせて片面有光サテンリボンを重ね、
印をつけたところを波縫いしていきます。

6針くらい縫えたら糸を引っ張り、リボンをらせん状にまとめていきます。
(ギャザーを寄せるときと同じ感覚です)

④最後まで縫えたら糸を玉留めし、両端のリボンを結べば完成です(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ

 

とても簡単ですが、不器用な私は本目を作るのに時間かかりましたw
不安な方は、リボンを大量に購入する前に、
100均などで3mくらいのリボンを用意して練習してみることをオススメします。

結局不器用な私でも慣れてくると1本2時間くらいで出来るようになったので、
気合で練習あるのみです!
私の説明でわかりにくかった方は、インターネットで探すと動画もたくさん出てくるので、
探してみてください。
また、私が作ったのはシンプルなものですが、もっと凝ったデザインもたくさんあります。
作り方を教えてくれる教室もたくさんありますので、興味のある方は参加してみてくださいね。
慣れてくるととても楽しいですよ♪

ちなみにリボンは、手芸屋さんで購入するととんでもなく高くなります。
私は以下のサイトで購入したので、参考にしてみてください。

>>RIBBON & WRAPPING

また、楽天やAmazonでも手に入りますよー♪

>>【楽天】サテンリボン

>>【Amazon】サテンリボン

リボンの色を選ぶ時のポイントは、この組み合わせ派手すぎるかも。。。
というものを選んだ方が、リゾート挙式に映えますよ!

スポンサーリンク

 

ハワイ挙式のレイは手作りできる!ハワイアンリボンレイの作り方 さいごに

ハワイアンリボンレイ

ハワイの素敵な風習、レイセレモニーを予算を抑えて行いたい方には、
リボンレイを手作りしてしまうのがオススメです!
作るのはちょっと大変ですが、出来上がったとき、
また渡したときの感動は何物にも代えられません(人´ω`*)♡
プロデュース会社の規約だけ注意していただいて、是非挑戦してみてくださいね♪