妊娠 飛行機 海外

妊娠中はいろんなことに敏感になり体調を崩しやすくなります。
そんな中海外へ行くとなると飛行機に乗らないといけないのでとても不安ですよね。

妊娠中でも飛行機に乗って海外へ行ってもいいのでしょうか。
もし飛行機に乗るとしたら何か必要なものがいるの?
注意しておくことは何かあるの?

妊娠中に起こるかもしれないトラブルへの対策や注意するべきことなどをご紹介しま す。

スポンサーリンク

妊娠中でも飛行機乗って海外行きたい!どうなの?

そもそも妊娠中に飛行機に乗ることはできるのでしょうか。
航空会社によっては承諾書がいるところもありますが、妊娠の経過に問題がない場合、
36週までは妊娠中でもそのまま乗れますし、
海外に旅行に行くこともできます
٩(ˊᗜˋ*)وイエーイ
しかし、外資系の航空会社では35週以降搭乗できない可能性もありますので、
事前に確認しておくのが安心です。
>>妊娠中の旅行について【ハワイアン航空】

また、予定日を含めて28日以内に搭乗するなら医師の診断書が必要になります。
航空会社ごとに記入フォームが用意されているのでサイトから印刷して記入し、
空港へ持参して各航空会社のカウンターで提出してくださいね。
英文の診断書がもらえる病院であれば、
英文診断書をもらっておくと現地で何かあったときには役に立つはずです。
>>妊娠中のお客様向けサポートについて【ANA】
>>診断書のダウンロード【JAL】

搭乗前の身体検査や高いところを飛行することによる、
放射線の影響を心配される人がいますが、身体への影響はほとんどないと言われています。
心配な人は身体検査を個別でしてくれる会社もあるので相談してみるといいですよ^^
また航空会社によっては、妊娠中の人に対してのサービスがいくつか設けられているので、
事前にしっかり確認しておくことをおすすめします。
この場合、搭乗する時に、優先的に機内に乗り込めたり(搭乗の際よく聞きますよね)、
重たい荷物をピックアップしてくれたり、長距離歩くのが大変な妊婦さんのためには、
電動カートが用意されていたりと至れり尽くせりです(*´ー`*)
チェックインや荷物を預ける際に、妊娠している旨を伝えておくと、
空港スタッフのサポートもあって安心ですね。

規則としては飛行機に乗ることができますが、
離着陸時の気圧の変化や酸素が薄くなることによって気分が悪くなることもあるので、
安定期に入るまでの不要不急の用事であれば時期をずらすなどして控えておくのが安心なのは間違いないです。

スポンサーリンク

 

妊娠中に飛行機乗るなら注意することとは?

お腹が大きいと圧迫され血の流れが悪くなるので、
飛行機ではいつも以上にエコノミー症候群になりやすくなります。
こまめに立ち歩いたり着圧ストッキングを履くなど対策をとりましょう。

血流が滞ることにより胎児に酸素や栄養が届きにくくなるので、
水分補給も欠かさずにすることが大切です。

予算の都合もあると思いますが、座席をビジネスクラスにするなど、
広い席を確保することでエコノミー 症候群の予防にもなりますし、
ゆったりとした気分で空の旅を楽しむことができるので、
リラックスした状態で機内を過ごすためにも広い席はおすすめです。

座席に関しては通路側の席を予約しましょう(`・ω・´)b
妊娠中はトイレに行く回数が増えるため、奥の席に座ると隣の人に気を使い、
なかなか席を立ちにくくなります。
エコノミー症候群予防のために立ち歩いたりすることも考え、
すぐに立ち上がれるようにしておくのが安心ですね。

また機内は大変乾燥しており、感染症が気になります。
特に海外旅行はいろいろな国からの渡航者が乗っているので、
さまざまな感染症に注意しなければなりません。
妊娠中に感染してしまうと赤ちゃんへの影響が心配されますのでマスクは必須です。

肌の乾燥防止のための携帯用ハンディミスト器も持っていると、
どこでも顔に吹きかけることができるので、乾燥対策におすすめです!
しかも、このタイプ、モデルさんも愛用しているほど頼もしいアイテムなんですよ♪
機内だけではなく、普段の生活にも役立つ美顔器なので、一つは欲しいところ♡

それから、飛行機の離着陸時や激しい揺れが予想される時には、
シートベルトの着用が義務付けられていますが、妊婦さんはお腹への圧迫が心配です。
機内では延長ベルトの貸し出しがあるのでシートベルトにゆとりを持たせて、
圧迫から赤ちゃんをしっかり守りましょう。
他にも機内はとても冷えるのでブランケットを搭乗した時に借りておいたり、
急に気持ち悪くなってしまった時のためにCAさんに妊娠していることを伝えておくなど、
安心して機内を過ごせるようにしておくのがおすすめですよ。

スポンサーリンク

 

妊娠中に飛行機で海外行くのはあり?注意することは? さいごに

妊娠 飛行機 注意

最近はマタニティでも旅行に行く人が増えてきてますので、
旅行会社も力を入れていて安心して旅行を楽しめるようになっています♪
しかし、妊娠中は環境の変化を敏感に感じとり体調が急に変化します。
その時にすぐに対応できるように事前に備えておくことが大切ですね!
また、航空会社によって妊婦さん専用のサービスもあるのでチェックしてみてください。