海外挙式 パスポート 旧姓

海外挙式となると日本を出向することになるので、
パスポートの申請が必要になってきますね!
これからパスポートを作るって方は大丈夫かもしれないですが、
もともと持っている方なら気になるのが、
旧姓のパスポートをそのまま利用できるのか?
ってことではないでしょうか?

挙式の準備もあるし、なかなかパスポートの名義変更に行くのも難しいので、
使えるのであればそのまま旧姓のままのパスポートを使いたいって思っちゃいますよね。
また、使っても大丈夫ならその注意点などもしっかりチェックしておきましょう!

スポンサーリンク

海外挙式でのパスポートは旧姓のままでも使える?

海外挙式で海外へ行くとなるとパスポートが必要なのは言うまでもないですね。
しかし、問題はこの先、
パスポートは持っているけど記載内容が旧姓のままってこと!

原則的には、パスポートの記載事項に変更があれば早めに、
新しいパスポートに作り替えるか記載事項変更旅券の申請をする必要があります。
が、入籍後すぐに海外での結婚式となると、
なかなかパスポートの手続きに行けなかったりするのが現状ですよね。
海外挙式は国内挙式に比べて、準備することはほとんどないとか言われてますが、
それでも、人によってはすることはいろいろあったりなので、
パスポートの変更手続きに行く時間が作れないこともあります。
特に、働いているかただと尚さらそうですよね。

また、パスポートの変更手続きにも時間がかかるんですよね~(;´Α`)
新しいパスポートを申請する場合もそうなんだけど、
パスポートの記載事項変更手続きにも申請から受け取りまで1週間近くかかったりします。
以前までは変更申請は当日受け取りが可能だったんですけどね。
平成26年3月から記載事項変更でも旅行番号も変更になるようになって、
これによって、新しい旅券を発行することになったことで、
パスポートの受け取りまで時間がかかるようになったんです。

なので、仮に、パスポートの手続きを行えたとしても、
タイミングが遅ければ海外へ出発する日までにパスポートが間に合わない><
なんて、恐ろしいことになってしまう可能性もあるので、
ちょっと不安ですよね。。。

それで、結論としては、パスポートは基本的には旧姓のままでも使用することは可能です(`・ω・´)b
これは、私も経験済みなので堂々と断言できます!
なかなか忙しくてパスポートの変更手続きに行けないって方は安心ですね♪
しかし、旧姓で使用す場合には、少し注意することもあるので、
そのあたりもしっかりチェックしておきましょう!

スポンサーリンク

 

パスポートを旧姓で使う場合注意することとは?

パスポート 旧姓 注意

旧姓のままのパスポートも基本的には使うことはできるということですが、
気をつけなきゃいけないこともあるのでちゃ~んと覚えておいてくださいね!

まずは、一番大事なことが、旅行券も旧姓の名前で予約することです(❐_❐✧)
海外へ入国する際には、パスポートと旅券(搭乗チケット)が一致している必要があります。
なのに、パスポートは旧姓で旅券は新姓となると、同一人物なのかの確認がとれないので、
せっかく海外に来たのに入国できないという悲惨な結果になってしまうことも。。。
なので、パスポートが旧姓のままなら旅行チケットも旧姓で取るのが鉄則です!

逆に、旅行券を新姓ですでに取ってしまっているのであれば、
パスポートは新姓に変更しなきゃアウトです。
一度、航空券を発券してしまうと基本的にチケットの名義変更ってできないんですよね。
でもパスポートとチケットの名前は一致していないといけないので、
発券した航空券をどうにかしようとすると、そのチケットは一度キャンセルして、
再度パスポートと一致した名前で取り直さなきゃいけなくなります。
この時、キャンセルするタイミングによっては結構な額のキャンセル料が発生することもあるので、
キャンセル料を支払うよりかはパスポートの氏名変更をしてしまうほうが、
痛手は少なくてすみますからね“(. .*)
しかも、キャンセルしても同じ便の飛行機が押さえられるかも微妙なところですし。。。

また、旅行券以外にも海外で使用するようなものは全てパスポートに合わせる必要があります。
例えば、国によって必要な電子渡航認証(アメリカならESTAやカナダならeTAなど)、
現地で車の運転をするなら国際免許証(国内免許証が旧姓なら旧姓)、
しっかり保険にも入るって方は海外旅行保険などですね。

しかし、国内免許証がすでに新姓に変わっているのであれば、
国際免許証を旧姓で申請するのは不可能です。
海外挙式や結婚やらでいろいろバタバタしている中なら、
まだ国内免許証の氏名変更は行っていないって方が多いかと思いますが、
もし、海外で国際免許証を使って車の運転がしたいと考えているのであれば、
免許証の氏名変更はちょーっと待ったほうがいいですね!

スポンサーリンク

 

海外挙式でのパスポートは旧姓でもいける?注意することは? さいごに

海外挙式に限らず、旧姓のパスポートで海外に行くということは可能でしたね。
しかし、原則としては、パスポートの記載内容に変更がある場合は、
なるべく早く変更手続きをとることが望ましいので、
帰国してからにでも記載事項変更の手続きをするようにしましょう。

また、旧姓のままのパスポートを使用する際は、
航空券や電子渡航認証などの海外旅行で必要なものも旧姓で合わせる必要があるので、
そのあたりはしっかり注意してくださいね!